湘南スタイル 茅ヶ崎市K邸

<<湘南スタイル 一覧に戻る

インクブルーのグラデーションカーテン
          -茅ヶ崎市 K邸-


その人らしいテイストでコーディネートされた “いいな” と感じる部屋。
そんなインテリアのアイテムは、どうやって調達すれば良いのでしょうか。

最初にイメージしていたのは、ただ漠然と 「ウッドブラインド」だったというK様。
その考えが変わったのは、家具を捜し始めた頃のことでした。

吹き抜けの梁に、木目を生かした家具
このままでは、木が多すぎるかも!と違和感を覚えたそうです。

かくして、K様のカーテン選びが始まりました





甘くない、重くない、野暮ったくない、ありきたりじゃない
ご覧になっていただいたのは
湘南ファブリックに展示していた、こちらです。






吹抜けのある、明るく開放的なリビングルーム

 



K邸リビングルーム ビフォー




シャープな空間にあうカーテンレールは
細めのアイアン(色はブラック)。



K邸リビングルーム アフター





クラーク&クラーク(イギリス)の AMORE(アモーレ)
天然素材を大胆に染めたファブリックです。





生地のボリュームを抑え、フラットカーテンに。

天然素材には糸の撚りや太さにむらがあるので、化学繊維にはない深みや奥行きがあります。


ファブリックを使うと、印象が優しくなり過ぎる?
そんなことはありません。

「ご覧のとおり」です。




ダイニングの2つ並んだ、大きさの同じ窓には
敢えて違うカラーのロールスクリーンを。


どの窓にも、同じカーテンを選ぶことは、あまり得策ではありません。



違うアイテムを選んでも、統一感がある。そこがあなたの見せ場です。
それ、オーダーカーテンの醍醐味かもしれません。




ダイニングからリビングルーム

 





K様のセンスの良さは、他のお部屋でも
いかんなく発揮されています。


寝室は「遮光カーテン?」ではありません!

 



洋室
 
バンブーブラインド






趣味の部屋
 


エイジング加工のウッドブラインド


この質感と色合いが、
ブルーグレーのアクセントクロスに効いています。



マイホームには、
「自分の居場所づくり」という
大切な作業がかかせませんが
K様の居場所は、かなり居心地が良さそうです。




ページ先頭へ