湘南スタイル I邸

<<湘南スタイル 一覧に戻る

シンプルだけどエレガント、そんな上級クラスのスタイリング。



インテリア好きのI様。
ご来店時には、既にご新居にお引越しされていたものの、
窓まわりについてはまだご検討中でした。

インテリアにおける窓装飾の大切さをご存知だからこそ、
なかなか決められずにいらしたようで・・
そんなI様が、店内の数あるサンプルの中、気に入られた生地がこちらです。

店内サンプル(プレーンシェード)








イギリスCLARKE&CLARKE社のファブリックで、
ポリエステル&リネンの地に光沢糸で刺繍が施されています。
こちらの色違いを寝室に。

店内のディスプレイでは、“プレーンシェード“にして
ウッドブラインドと組み合わせていますが、
今回I様邸では、ちょっとアレンジして、
“フラットバルーンシェード”に お仕立ていたしました。



“フラットバルーンシェード”とは、
ヒダ率を抑えた、フラットに近い、ボックスヒダのバルーンシェード
のこと(正式名称ではなく当店の呼び名です)。

一般的な“バルーンシェード”は、ヒダをたっぷりとった深い山が特徴で、
豪華でクラシックな印象が強くなりますが、
このスタイルは、少しだけタックをとることで、
プレーンシェードのシンプルさにさり気なく
デザイン性をプラスしてくれます。

レースはシンプルな無地を窓枠内に、カーテンスタイルで。

シェードを一番上まで上げたところ↓



プレーンシェードより、たたみ代は大きくなりますので
通常よりやや高い位置にお取付けしました。



陽射しの強い時には、少し降ろして日除けとして使えるのがシェードのいいところ。



一番下まで降ろすとこうなります↓



あまり素敵ではないので・・
ひと山たたみ上げても窓が隠れるような長さにお仕立てしてあります。








掃出し窓には、同じ生地でカーテンを。
シンプルな黒のアイアンレイルに、フラットスタイルで。



リビングダイニングにも、こちらの生地の色違いを
セレクトしていただきました。



アイボリーの地にシルバーがかったゴールドの刺繍が上品です。






3連のスリット窓のレースは、テンションポールにパイプ通しスタイル。



ナチュラルな素材感ながらスタイリッシュ。
色は抑えてシンプルかつエレガントな窓辺になりました。



このコレクションのイメージ写真



北アフリカの民族的デザインからインスピレーションをうけて
つくられたコレクション。
サンプルブックには、こんな感じでモダン、トラディショナルの
どちらにも合わせやすいコーディネート柄が揃っています。






椅子の張地やクッションなどもトータルでコーディネートできるのが
輸入コレクションの魅力です。







ページ先頭へ